収入証明書不要と提出書類は職業により異なる

カードローンなどの申し込みを行う時、
収入証明書が必要になる場合と収入証明書不要となるケースが有ります。

 
収入証明書と言うのは、サラリーマンなどの人の場合ですと、
前年度に交付された源泉聴取票や直近の給料明細書などがこの書類になりますが、
個人事業主などの場合ですと、確定申告書や納税証明書などの書類が収入証明書の書類となります。

これらの書類は、収入証明書の提出が必要になる場合に用意をしなければならない物で、職業の種類に関わらず必要とされるのです。

因みに、消費者金融と言うのは貸金業者に分類される金融業者で、貸金業法が適用されることになります。
貸金業法の中には総量規制があり、貸し付けにおける制限が設けられており、
年収の3分の1を超える貸し付けが禁止されています。

そのため、貸金業法における総量規制を守る目的において、貸金業者は申し込み者に対し、申し込み希望額が50万円を超える場合と、
他社債務の総額と申し込み希望額の合計が100万円を超える場合には収入証明書の書類の提出が必要になるのが特徴です。

これについても職業の種類などに関わらず、提出を行う義務が有るのです。
銀行の場合は、消費者金融等とは異なり銀行法による法律に基づき経営が行われている事からも総量規制の対象外であり、申し込み金額が50万円を超えた場合などの提出義務と言うものは有りません。

しかし、申し込み希望額が300万円を超える場合など、申込みする希望額が高額な場合は収入証明書の提出が必要となっているケースが多く、
申し込み希望額が少ない場合などでは収入証明書不要での申し込みが出来ると言う特徴を持っているのです。

Comments are closed