収入証明書不要のカードローンの返済方法

消費者金融や銀行のカードローンは、「収入証明書不要」のところが多くあります。

 
これは、契約の際に自分の収入を証明する書類が一切必要なく、
運転免許証や健康保険証などの身分証明書があれば契約が行えることを指します。
わざわざ収入証明書類を会社で発行してもらう必要がないため、より気軽に契約を行うことが出来ます。

また、収入証明書不要のカードローンの多くは、無人契約機での契約の他にパソコンやスマートフォン、タブレットなどからインターネット経由で契約が行えるのも特徴です。
家の近くに無人契約機がない人でも、パソコンやスマートフォンなどでカードローンの申し込みが出来る上、カードを発行せずに振込によって借り入れを行うことが出来るのも魅力です。

 
さて、このような収入証明書不要のカードローンの返済方法は、
ほとんどのところが「リボルビング払い」という方法を採用しています。
これは毎月一定の金額を返済していく方法で、毎月の返済額は借入額によって変動します。
毎月一定額ずつ支払っていけば良いため、毎月の返済の負担が小さくなるメリットがあります。

その反面、借入額が大きくなると毎月の返済額に占める利息の割合が大きくなり、元本がなかなか減らなくなってしまうデメリットがあります。

また、返済期間が定まっていないため、返済期間が長引けば長引くほど支払う利息の額も増えていきます。
そのため、少しでも支払う利息を抑えたい場合は、余裕のある時にまとまった金額を返済するのがおすすめです。


Comments are closed