カードローンのデメリットについて

カードローンとは、銀行および協同組合金融機関が行う資金の貸し付けの一つです。

金融機関が発行するカードを利用するもので、
個人信用情報と本人確認に応じて無担保で借りることができるローンです。
資金使途は自由で、申し込みの時に利用限度額が設定され、その契約した貸出枠の範囲でATMやCDなどで資金を借り入れることができます。
銀行系や消費者金融系のものなどがあり、それぞれ金利や審査のスピードなどが異なります。

返済方法は、リボルビング返済やATMでカードローン口座に入金したり、
リモートバンキングで自名義の普通預金などから振替することも可能です。
急な出費などのときに手軽に借りることができ、コンビニエンスストアなどに設置してある提携ATMなどを利用する事ができ、金利が低く設定されており、申し込みも簡単などのメリットのあるローンです。

しかし、簡単に申し込めるだけに無計画に借用してしまわないように注意が必要で、特に延滞管理が厳しく、一度でも延滞してしまうと追加の借入れができなくなります。
また、何度でも引き出せるため、完済できずに総支払額ばかり増えてしまうなどと可能性もあるのです。

 
カードローンは、自由に使える資金を確保するときに活用することができます。
しかし、借りやすいために借入れを繰り返しやすいローンでもあります。
そのため、利用の際は使い過ぎや借入れ過ぎ、デメリットをしっかりと考えて、無理のない返済計画を立てることが重要です。

Comments are closed