債務整理をした後にお金を借りることはできるか

過払い請求以外の債務整理をした後に、銀行や消費者金融からお金を借りることは可能でしょうか。

 
まず、任意整理や破産、個人再生をしますと、信用情報にそのような手続を行ったことが載ります。
いわゆるブラックリストに載るという状態ですね。
そうしますと、概ね7年ほどその状態が解消されませんので、一般的にはその間は銀行や消費者金融からの借り入れが困難になるといえるでしょう。
クレジットカードを作ろうとしても審査で落とされてしまうことが多くなります。

しかし、絶対に借り入れができなくなるかというと、必ずしもそうではないのです。
確かにブラックリスト入りすると、通常の金融機関はその情報を元にして貸し付けを行いますから、審査の段階ではねられてしまうことが多くなります。
しかし、ブラックリストの人には絶対にお金を貸してはいけないという法律はありません。
したがって、ブラックリストの人でもお金を貸してくれる業者が存在するし、そのような業者がいても決して違法ではないということになります。

それどころか、破産をしたのであれば、借金が一度全くなくなっていることになりますので、喜んで貸し付けを行う業者もあるほどです。
とはいえ、一度破産をすると、7年間は再度破産をすることはできません。
また、7年を経過していても、再度の破産というのは裁判所でも慎重に処理されます。

ですので、消費者金融から借り入れを行う際には収入と返済のバランスを考えながら計画的に行うようにしてください。

 
債務整理について詳しいことはこちら
出典:アディーレ法律事務所

Comments are closed